SRIインターナショナル(日本)

SRIは、人々の暮らしをより安全かつ健康的、そして、より持続可能な未来のために世界を変…

SRIインターナショナル(日本)

SRIは、人々の暮らしをより安全かつ健康的、そして、より持続可能な未来のために世界を変えるソリューションを創造し提供します。

マガジン

記事一覧

SRIの75年間のイノベーションについて:銀行業務の自動化 ERMA〜個人の当座預金に関する業務を「自動化」するシステム…

「75年間のイノベーション」シリーズでは、SRIが設立された1946年から現在に至るまでの数々の画期的なイノベーションを取り上げます。SRIの英語ブログでは、2021年11月の75…

表彰実績を誇る「ドライバーモニタリングシステム」が安全性の向上に貢献

SRIの研究者が人間の感情状態の認識とそれに応じた反応をAIシステムに学習させる 車を運転する時、人はまざまな感情になります。落ち着く、不安を感じる、怒りを感じる、興…

機械学習の「一歩先」へ進み、製造業務を最適化

「DASL」で既存データを用いてエラーを予測し、コストとダウンタイムを削減機械学習(Machine learning)は、膨大な量のデータによって推論を立てます。しかし、機械学習の…

「新型コロナウイルス不眠症」との闘い

新型コロナウイルス感染症は、睡眠にどのような影響を及ぼしたのでしょうか? 「睡眠」は健康に欠かせないものですが、不安や不確実なこと、もしくは今までとは異なる日常…

SRIの75年間のイノベーションについて:銀行業務の自動化 ERMA〜個人の当座預金に関する業務を「自動化」するシステム〜

SRIの75年間のイノベーションについて:銀行業務の自動化 ERMA〜個人の当座預金に関する業務を「自動化」するシステム〜

「75年間のイノベーション」シリーズでは、SRIが設立された1946年から現在に至るまでの数々の画期的なイノベーションを取り上げます。SRIの英語ブログでは、2021年11月の75周年を迎える日まで、毎週1つずつイノベーションに関する記事をリリースしています。この日本語ブログでは、その中からいくつかを日本語にてご紹介します。

銀行業務におけるベビーブーム世代:「バンク・オブ・アメリカ」が銀行とし

もっとみる
表彰実績を誇る「ドライバーモニタリングシステム」が安全性の向上に貢献

表彰実績を誇る「ドライバーモニタリングシステム」が安全性の向上に貢献

SRIの研究者が人間の感情状態の認識とそれに応じた反応をAIシステムに学習させる
車を運転する時、人はまざまな感情になります。落ち着く、不安を感じる、怒りを感じる、興奮する、リラックスする、眠気を感じるなどは、運転中の感情のごく一部です。SRI Internationalの研究者たちは、トヨタ自動車との共同プロジェクトの一環として「ドライバーの感情的な状態」を読み取り、それに反応する方法を車に学習

もっとみる
機械学習の「一歩先」へ進み、製造業務を最適化

機械学習の「一歩先」へ進み、製造業務を最適化

「DASL」で既存データを用いてエラーを予測し、コストとダウンタイムを削減機械学習(Machine learning)は、膨大な量のデータによって推論を立てます。しかし、機械学習のアルゴリズムに必要なデータ量を単純には入手できない場合があります。SRI Internationalは、適応的なセマンティック推論を用いてデータギャップを埋める、ディープアダプティブセマンティックロジック(DASL:De

もっとみる
「新型コロナウイルス不眠症」との闘い

「新型コロナウイルス不眠症」との闘い

新型コロナウイルス感染症は、睡眠にどのような影響を及ぼしたのでしょうか?
「睡眠」は健康に欠かせないものですが、不安や不確実なこと、もしくは今までとは異なる日常に直面しているときに大きな影響を受けます。この事について、多くの人々が眠れない日々を過ごすこととなった今回の「新型コロナウイルスの世界的流行」は、世界の人々の睡眠にどのような影響を及ぼしたのでしょうか。

新型コロナウイルス感染症の世界的

もっとみる