見出し画像

SRIの75年間のイノベーションについて:インターネットワーキング 〜世界初の3つの異なるネットワーク間の接続、初めての真のインターネット接続が認知される〜

「75年間のイノベーション」シリーズでは、SRIが設立された1946年から現在に至るまでの数々の画期的なイノベーションを取り上げます。SRIの英語ブログでは、2021年11月の75周年を迎える日まで、毎週1つずつイノベーションに関する記事をリリースしています。この日本語ブログでは、その中からいくつかを日本語にてご紹介します。

インターネットワーキングと「インターネット通信の標準」の誕生

1960年代後半、コンピューター間を接続したネットワークを構築するための本格的な取り組みが始まりました。多くのコンピューター科学者や技術者が労力を費やし、コンピューター間の通信を促す方法を模索していたのです。このインターネットワーキングの新しい分野の研究には、1969年に4つの汎用ネットワークが導入されました。この4つとは、ALOHAnet(ハワイ大学が作成)、CYCLADES(Louis Pouzinが作成)、NPL Mark 1(英国国立物理学研究所から)、そしてARPANETです。SRIは、おそらく20世紀で最も偉大な発明の1つである「ARPANET」の開発を支援しました。

これらのネットワークの2つ以上を接続することにより、最初のインターネットが誕生しました。これは、別々のコンピューターが相互に通信するミニネットワークです。ARPA(Advanced Research Projects Agency)が目標としていたのは、ARPANETPRNET(パケット通信ネットワーク)、SATNET(衛星ネットワーク)の3つのネットワークの接続でした。そして、このような接続を可能にするには、新たなインターネット通信の標準が必要でした。この標準は「転送制御プロトコル(TCP)」と呼ばれいて、ネットワーク上のコンピューターを接続するために「パケット交換」という方法を使用していました。

TCPのような「標準」は、あらゆる形式の通信に不可欠です。私たちが話したり書いたりする言語は、文法と構文の標準に基づいています。コンピューターも、人間の言語と同様に標準に依存して情報を転送します。TCPは、アプリケーションプログラム間でのデータ交換中にネットワークが通信する方法を示す標準です。インターネットのデータ処理中に、TCPはインターネットプロトコル(IP)と組み合わされて、コンピューターがデータのパケットを相互に転送する方法を決定します(TCP/IP)。

画像1

画像2

バン(車)の中のノード(node)

TCP標準が設計されると、個々のコンピューターネットワーク間の接続をテストすることができるようになりました。SRI Internationalの発案とは、バン(上図の車)にコンピューターノードを設置するという斬新なアイデアです。バンは移動ができるので、さまざまな場所へ移動をしてネットワークの接続の堅牢性をテストする事ができました。1976年8月、研究チーム8名を乗せたバンが、カリフォルニア州ポルトラバレーの山の上にある宿泊施設の隣に駐車しました。この場所が選ばれたのは、貴重なテストを実施する上でSRI Internationalから十分に離れていて、なおかつ無線通信を維持する限界に近い距離であったためです。

接続性をテストするために宿泊施設内のコンピューター端末で単語を入力し、この端末から駐車場、そして駐車場のバンの中までをケーブル2本にて接続し、入力した文字をコンピューターノードがデータのパケットに変換しました。これらのパケットは無線信号として、近くの山にあるリピーターを介してメンローパークのSRI Internationalの基地に返送されました。無線信号が基地に到着すると、これらのデータパケットは有線のARPANETネットワークの中で電気信号になりました。

画像3

このテストの成功により、SRIを介してARPANETからPRNET(パケット通信ネットワーク)への接続を実証する事ができました。SRIはこれらの個々のネットワークを正常に接続し、そしてインターネットワーキングが現実のものとなったのです。

1977年11月までには、バンのノードはARPAのネットワークだけでなく、欧州各地の他のネットワークにも接続されました。インターネットワーキングのバンはベイエリアを移動し、複数の州を越えて欧州への本格的な協調伝送のパイプの役割を果たし、データ通信に対するTCPの堅牢性をテストしました。このテストでは、データはSRI Internationalの TCPのバンからARPANETを通じて欧州に送信され、SATNETとARPANETを通じてSRIのバンに返送されました。これは、3つ以上の異なるネットワークをまたぐ世界初の接続であり、最初の本格的なインターネット接続だったとされています。

インターネットへ心からの愛を込めて

画像4

インターネットの開発はまさに共同作業であり、SRI Internationalはこの共同作業において重要な役割を果たしました。SRIのインターネットワーキングのバンは、TCPの最初のフィールドテストであり、現在使用されているインターネットへの道筋を開きました。TCP/IPは、現在ではインターネットのデータ伝送において標準となっています。このため、TCP-IPはインターネットとワールドワイドウェブ(www)の心臓部分と言えるでしょう。そして、SRI Internationalはこの鼓動を今日まで鳴らし続けることに貢献したのです。

SRI Internationalについて、詳しくはhttps://www.sri.com/jaをご覧ください。

参考資料など:

The Dish, ARPANET: https://medium.com/dish/75-years-of-innovation-arpanet-4c23a0162d25

YouTube, Computer History Museum, Where the Internet was Born: https://youtu.be/H8dn9tTPsAA

編集/管理:熊谷 訓果/ SRIインターナショナル日本支社

#Connectivity #世界初 #インターネットの始まり


この記事が参加している募集

はじめてのインターネット

3
SRIの使命は、世界を変え、人々の暮らしをより安全かつ健康的、そしてより生産的なソリュ ーションを提供することです。